ハワイアンジュエリーの結婚指輪で彼女のハートを射止めよう

結婚準備の新しいご提案

手

二人の想いを込められます

オリジナリティーがあり、二人の想いを形にすることが出来るハワイアンジュエリーを結婚指輪に選択するカップルが最近増えてきています。ハワイアンジュエリーの誕生は19世紀のハワイ王室で、女王が金のブレスレットを作らせたことが始まりだといわれています。それがハワイの人々に広まり、母から娘へと大切に受け継がれるジュエリーとして愛されてきた伝統があります。ハワイアンジュエリーの結婚指輪は、ハワイの大自然をイメージするモチーフを職人が手彫りで刻み、心を込めて作られていることが特徴です。結婚指輪によく選ばれるモチーフは、途切れることのない波に永遠の愛という意味があるスクロールや、ハワイの結婚式で新郎新婦の手を結ぶのに使われることから神聖なる結びつきを意味するマイレの葉・お守りとしての意味があるウミガメなどです。結婚指輪に刻むモチーフは数種類を組み合わせることも出来るので、願いや想いをたくさん詰め込むことが出来ます。また、結婚指輪の素材にはプラチナを使うことが一般的ですが、ハワイアンジュエリーの場合は14Kや18Kを選択しても素敵な仕上がりです。予算が少ない場合は結婚指輪選びにも頭を悩ませるものですが、14Kの場合はペアで10万円台でも手に入るのでおすすめです。幅のサイズも豊富で、太いほど自由にモチーフを刻むことが出来ますが、普段使いをしたい場合は細めのサイズを選んだ方が邪魔になりませんし、上品でどんな服装にも似合います。